2015年02月24日

優しい作業療法士になりたいと決めた

私の年の離れた友達のNくん。

彼は今、専門学校で作業療法士になるための勉強をしています。

彼の大切な出会いは小学校の時に遡ります。

彼の野球チームのチームメイトだった親友が怪我によって野球は愚か

日常生活もままならない状態に陥りました。

その頃は、毎日病院に学校帰りに見舞いに行っていたNくん。

親友は最初の内はリハビリが辛いだとか、野球ができないから辛いと

愚痴ばかり。

それを聞いているNくんも辛い毎日でした。

それが、ある日を境に親友の顔に笑顔が見え始め、今日のリハビリはどうだったとか

ここまで体が動かせるようになったんだとか前向きな言葉が増えたそうです。

そして、ある日親友のリハビリする姿を見たNくんはその頑張りに声も出なかったそうです。

しかし、声も出ないNくんの代わりに隣で「頑ばれ、もう少しそうそういいぞ」と声をかける

若い男の人がいたそうなんです。

そうそこに居たのは作業療法士の方でした。

基本動作の回復をお手伝いする理学療法士に対して、作業療法士は日常生活に必要な応用動作の

回復をお手伝いする仕事なんです。

理学療法士は病院、介護老人保健施設、クリニック、リハビリテーションセンター、

特別養護老人ホーム、デイサービス、障害児療養施設、保健所、訪問介護で活躍する

専門職なんです。

その日、Nくんは親友が困った時に力になれる作業療法士になろうと決めたそうです。

資格取得後は作業療法士 求人をメディケアで

探すそうですよ。

と言うかもう決めているようです。

メディケアは資格別、雇用形態別、勤務先別に選べる求人情報サイトで

作業療法士の求人・転職情報も満載。

Nくんはそこに親友が今もリハビリに通う病院の求人を見つけました。

今は就職に向けて資格取得を頑張っているそうです。

posted by 紅葉山華子 at 08:58| Comment(0) | ブロカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。