2014年11月10日

看護助手という働き方を選ぶ

最近の新聞記事で制度外ホームで「拘束介護」 約130人、体固定や施錠

なんて記事を読むたびに思うんですが、人手不足ですよね。

一番大事な介護や看護という部門の担い手が働き手が。

そんな現場には特殊性から困難が付きまとい誰でも働けると言うわけでは

ありませんよね。

例えば病院となると無資格の看護師を雇うわけにはいかず、見習いと言っても

準看、正看となるまでの道のりは厳しく、資格を取ったころには寿退社も多いようです。

そんな中、昨今注目の職種が看護助手さんです。

中には看護師さんと混同しておられる方が多いようですが、看護助手は直接患者さんに

医療行為をするわけではなく、一般的にはシーツ交換、食事の配膳、下善、介助、

入浴介助、入浴できない人の体拭き、おむつ交換、トイレ介助、検査等に患者さんを

移送、カルテ、レント書類等の運搬、医療器具の洗浄、整理等を行います。

要は医療現場の縁の下の力持ち的な働きをする仕事です。

最近は看護助手の求人も増えていて、以前は看護師が行っていた仕事の中から

看護師資格がなくても出来る仕事を抜き取って看護助手が担当することにより

看護師不足を補おうと言う考えもあるようです。

そんな看護助手の仕事ですがもちろん広告求人やハローワークでも探せますが

おススメなのは介護求人サイト『介護福祉アシスト』さんです。

介護福祉アシストさんはその名の通り、介護・福祉の現場に特化した求人サイトで

ピンポイントで求人を探すことができます。

もちろん、オンライン上のサイトですから24時間365日求人を検索できますよ。

こちらのサイトなら登録・相談から就職まで費用は一切掛かりません。

あなたも看護助手 求人を『介護福祉アシスト』さんで

探して見ませんか。



posted by 紅葉山華子 at 00:00| Comment(0) | ブロカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。