2011年12月14日

ヒゲを剃るから滑らすへ

ブログスカウト事務局のモニターで手動のヒゲ剃り

「ジレット フュージョン プログライド」を試してみました。

実は、いつも使っているT字カミソリで先に剃ってみました。

2枚刃で200円前後のやつですけどね。

それでこんな感じです。

0134.JPG

0136.JPG

短いヒゲが少し残っていますが、これ以上深剃りすると肌を

切ってしまうのでこの辺でいつも止めています。

電気カミソリと言うかヒゲ剃り機だと癖っ毛が剃れないし、こちらも

深く剃ると顎の当たりが血だらけになってしまいます。

それで、この剃り跡の上から「ジレット フュージョン プログライド」で

もう一度剃ってみました。

「ジレット フュージョン プログライド」は何と5枚刃、首振り機構も

ついていて重量感がズッシリ手の中に入ります。

0138.JPG

0142.JPG

この5枚刃は凄いです、まるでジンベイザメの歯みたいです。

0143.JPG

それで、Before,AfterのAfterがこれだ〜!

0147.JPG

0150.JPG

もうほとんど毛穴しか残ってない状態、それでいて肌に傷がつかない。

つまり、究極の深剃りが出来ているってことかな。

剃っている時に驚いたのは、剃るというよりも刃が滑っている感じ。

あまりに軽く剃れるので剃っている感じがしないんです。

つまり、余分な力が入らずに深剃りできるので傷が出来難いってこと

なんでしょうかね。

ジレット フュージョン プログライド、実におそるべし。

その実力は身を持って実証済みですが、その辺はメーカー側も

自信を持っているらしく、14日間返金保証キャンペーンを実施中。

つまり、購入日の翌日から14日以内で気に入らなければ代金を

返金してくれると言うもので、これってよっぽどの自信がないと

出来ないでしょう。

まあ、それだけの価値はあると思いますよ。

しなやかな5枚刃がこれからのヒゲソリの常識を変えます。

これからのヒゲソリは剃るから滑らすへ。

その先駆者が「ジレット フュージョン プログライド」です。




posted by 紅葉山華子 at 23:57| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。