2010年09月15日

子猫は可愛がるだけじゃダメ!

show.png

子猫って可愛いですよね。

私は、子供の頃、捨て猫をよく拾って家では飼えないので秘密基地で飼ったりしていました。

給食の残りや、家で出た残飯を抱えて足しげく通ったものです。

しかし、何分子供のすることですから、結局は逃げたり、死んだりしてしまいました。

今思えば可哀相なことをしたものです。

何せ、子猫のことなど何もわからずに、思いのままに飼っていましたからね。

実は子猫は生後、2〜7 週頃は、自分と同じ猫の

仲間との関係を通じて将来の社会関係のマナーやルールを学ぶ「社会化」の

時期とされていて、この時期がとても大切で、社会化期をどのように過ごすかによって、

様々なものに慣れやすい慣れにくいという性格が決まるともいわれているんですって。

では、生まれたばかりの捨て猫の場合はどうするのか?

それは、飼い主が子猫のお母さん役としてお世話をする必要があるんですって。

例えば、気温は29〜32度、湿度は60%ぐらいに設定して、初めは約2時間おきに人工授乳し、

その前後で、濡らしたガーゼなどで、子猫の肛門付近を軽く触って刺激を与え、排便や排尿を

促す必要があるんだ。生後3週目くらいまでは、子猫の排泄のケアが必須になるんだって。

初耳でためになりましたよ。

これから子猫ちゃんを飼おうって人は、

「知っておきたい 子猫のこと。」のサイトをご覧下さい!

きっとためになりますよ!




posted by 紅葉山華子 at 10:34| Comment(0) | Blomotion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー