2009年06月25日

インプラント治療のイロハ

何日か前の新聞にインプラント治療の記事が載っていました。

それによると、インプラントは正しく噛める第3の歯と言われているようです。

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ったとき手っ取り早いのはやはり入れ歯

ですよね、治療が簡単で保険を使えば安くて済みますし、しかし、咀嚼能力は

天然歯には及ばず、着けはずしの肉体的精神的苦痛も伴いますよね。

つまり、術後の機能は理想とはかけ離れてしまう訳です。

それならば、インプラントはどうかと申しますと、顎の骨に固定されているので

食べ物をしっかり咀嚼できて、入れ歯の様に取り外す必要が無いので機能的、

審美的には優れているのです。しかし、時間がかかり、手術が必要で、それなりに

費用もかかります。

失敗が怖いからと二の足を踏んでいる方はまず、「やさしいインプラント治療ガイド」で

勉強して見ましょう。

まずはインプラントのメリットですが、最大の魅力は

天然歯に近い噛み心地が得られるということです。

入れ歯や差し歯は敵いませんよ、インプラントには。

部分入れ歯やブリッジ見たいに周りの歯を傷つける心配もないですし。

では、
インプラントのデメリットは何でしょう?

それは大きな手術が必要の事とそれに伴う費用が高い事です。

インプラントは健康保険対象外のため、入れ歯の何十倍といった高額な費用が

掛かってしまうからです。

しかし、その費用に見合うだけの効果はあるんですから、あとはあなたの

決断次第ですね〜!
ラベル:インプラント
posted by 紅葉山華子 at 21:04| Comment(0) | ブログミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー