2009年01月05日

乳がんについて考えてみた。

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15〜20個並んでいる。

それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっている。

乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれている。

小葉から発生する乳がんが約5〜10%あり、小葉がんと呼ばれる。

乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理学的検査)すると区別できる。

この他に特殊な型の乳がんがあるが、あまり多いものではない。

症状としては、乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、

自分で注意深く触るとわかるしこりとなって現れることがある。

乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみができたり、

皮膚が赤くはれたりする。また、乳房のしこりが明らかではなく、乳房表面の

皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、痛みや熱感を伴う場合、「炎症性乳がん」

と呼ばれ、乳がん細胞が皮膚のリンパ管の中に詰まっているため、

炎症性乳がんは全身的な転移をきたしやすい病態であるといえる。

乳がんは乳房の近傍にあるリンパ節、すなわちわきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)、

胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨の上下のリンパ節

(鎖骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節)に転移をきたしやすく、これらの

リンパ節を「領域リンパ節」と呼び、領域リンパ節が大きくなってくると

リンパ液の流れがせき止められて腕がむくんできたり、腕に向かう神経を

圧迫して腕のしびれをきたしたりすることがある。

これらの症状が進むと他臓器への転移も考えられる。

最初の症状を感じたら、乳腺科乳腺外科乳腺クリニックを必ず受診してください。
ラベル:乳がん
posted by 紅葉山華子 at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー