2008年12月02日

病気とどう向き合うか?

シェアブログbaに投稿

驚く無かれ、近年乳がんによる死亡率が激増していると言う事実がある。

しかも、40〜50代の女性に最も多く発症しており、

この20年間では、発症率が約2倍に増加しているとのことである。

この事からもわかる通り、もはや現代人には避けて通れない病なのである。

この病とどう向き合うか?

現代人は試されているのではないだろうか?


現在日本において、胃がんと診断される人は1年のうち、3000人に

1人の割合であるのに対し、

乳がんと診断される人は1000人に1人の割合となっている。

単純計算で、胃がんの3倍の発症率である。

乳がんの予防には、乳腺科乳腺外科

マンモグラフィー検査で乳がん検診を受けるのが正確で安全だ。

是非受けてください!マンモグラフィー検査を!

ラベル:乳がん
posted by 紅葉山華子 at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー