2008年11月25日

親愛なる1号、2号、3号、バモちゃんへ

シェアブログbaに投稿

ペットと言えば普通は猫や犬と相場が決まっているように思う。

犬も猫も、擦り寄ってきて、時には尻尾を振ったり、猫なら

”にゃ〜”犬なら”ワン!”と鳴いてくれる。

それが現代のストレス社会においてはどれだけ癒しに繋がっていることか。

私も、小学生の頃だが、犬を1回、猫を2回それぞれ飼ったことがある。

ほとんど自分で世話もせずに、最後は他人に預けてしまったが。

あの頃は、ペットに対する知識もなく、取り合えず散歩させて、

後は犬なら犬小屋につないで、ご飯は味噌汁ぶっかけ残飯で終わり。

最近のペットは、贅沢になったのか、それとも家族の一員だからか

クリスマスケーキや介護用品まであるみたいですね。

そういう意味では、昔に比べてペットの地位も向上したのかな?

ペット用品通販ペピイではお取り寄せが出来ますもの。

色々なコンテンツを見れば犬や猫の心配事も解決するかもしれませんね。

我が家は、今は犬も猫も買っていません、娘が小学生の頃にうさぎを

飼いたがったのですが、息子が小児喘息のため叶いませんでした。

そんな我が家の大切な家族は、4匹のクサ亀です。

名前は、我が家に来た順に1号、2号、3号、バモちゃんと言います。

バモちゃんは、娘が時々発する造語から取りました。

何故かって言うと、4号は以前居たんですが、小さな時に死んでしまったので

同じ名前をつけるのも忍びないので違う名前にしました。

4匹とも、妻が勤務する病院で春先に1年おきくらいに

一匹ずつ見つけてきたのです。

その時は、甲羅の大きさが4〜5cm程度の小亀でしたが、

今は1号は、25cmくらい、2号と3号は15cmくらい、

バモちゃんは13cmくらいです。

1号とバモちゃんがメス、2号と3号がオスです。

それぞれ個性があって、1号は臆病で、しかも寝てばかりいます。

2号は活発ですが、人懐っこくて手を出すと寄ってきます。

3号は、見つけたときに片足を何者かに噛み切られて、先が無い状態でした

その影響か、最初は臆病でしたが最近は多少慣れてきました。

最後にバモちゃんは、好奇心旺盛、食い気旺盛でえさをやるときに

妻の指先を噛む始末、その度に頭を叩かれるので最近はそれもなくなりましたが。

そんな亀たちも今は冬眠に入ろうとしています。

時々、暖かい日中は顔を出すこともありますが、それ以外は枯葉のベッドの中で

お休み中です。

次に会えるのは4月末くらい。

それまでは、寂しい季節ですが、亀と一緒に春を待とうと思います。

下の画像は、今日たまたま顔を出していた2号と3号です。

DSCF0691.JPG

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

posted by 紅葉山華子 at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ http://p-bandai.jp/chara/c0037/?rt=af 【リンク】ゴカイジャー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。